いきいきライフ協会札幌が選ばれる理由

一般社団法人いきいきライフ協会札幌(身元保証業務・葬送支援業務・生活支援業務)と行政書士法人ドラゴンオフィス(法律支援)がお客様から選ばれる理由は以下のとおりです。

1、札幌市内でトップクラスの葬送支援・法律支援(行政書士事務所)代行実績があります。

集合写真  

母体となる行政書士事務所の開業(2005年)からこれまで累計10,000名以上の方よりご相談・ご依頼をお受けしてきました。札幌市内ではトップクラスのご相談(無料)・ご依頼実績があります。

身元保証人のご依頼を検討されている方は、将来の相続や死後の事務処理についてもお悩みになっていることが多く、そのようなお悩みに対応できる専門の事務所を探すのもなかなか大変なのではないでしょうか?

当社は多くの実績があるからこそ、業務処理の効率化、お悩み別の適切な対処ができます。また、代表(行政書士)は、身元保証のプロとして「身元保証相談士1級」及び相続に関する資格「相続診断士」も取得しており、あらゆる身元保証や相続の問題を多角的に研究しております。

身元保証相談士1級証書   x行政書士登録証  

2、身元保証や葬送支援に関わる公正証書作成や相続・遺言手続の実務処理に精通しています。

事務所風景  

当社の強みは、多くの実務処理の経験があることから、その処理のスピードが速いこと、徹底した書類のチェック体制により書類のミスが少ないことなどがあります。身元保証・葬送支援・相続や遺言の法律支援に特化してきたからこそ、専門性の高いスキルが身につきました。

相続や遺言手続きに特化し、身元保証・葬送支援について専門的に扱う会社は札幌市内でも数少ないと思います。それが当社の強みです。


3、1人のお客様に3名~4名体制で業務処理を行いますので、サービスの質が高いこと。

面談風景  

当社はお客様担当を2名、事務処理担当を1名~2名体制で一人一人のお客様のお困りごとを担当者を変えることなく処理しております。情報も全員で共有し、書類のチェック体制も一人で行うことがありません。ですので、書類のミスが少ないのです。扱う業務はほとんどが身元保証・葬送支援、公正証書作成や相続遺言手続きの代行(法律支援)であり、専門性が高いのが強みです。

会社が大規模になればなるほど、1人1人のお客様に対する対応が手薄になってしまうこともあるかと思いますが、当事務所ではスタッフ全員がお客様の案件を把握していますので、手厚いサービス提供が可能となっています。


4、月に3件までの新規の身元保証業務のお客様の受任制限を設けて、処理の遅延やミスを防ぐ体制を整えております。

電話相談風景  

当社は新規案件(身元保証スタンダードプラン)の受任の件数制限を設けております。1人1人のお客様に対するサービスの質をあげるには、どうしてもマンパワーの点から受任制限を設けざるを得ません。制限を設けず受任すると、遅延やミスにつながる結果となります。当社は1人1人のお客様に寄り添ってサービスの質の向上に努めます。

具体的には、お客様との日々のやり取り、ライフプランの設計や見直しをしっかりと管理し、公正証書等の書類を他の者も二重チェックし、書類に必要な条項の漏れがないか、お客様のご希望に沿った内容になっているかなどの確認を徹底しています。また、案件毎の定期的な報告、連絡、相談を欠かさずに行い、その管理も責任者やその他のスタッフがいつでも確認できる状態にしております。お客様は自分がないがしろにされることが一番嫌なはずですので、適度な間隔をもって連絡を取りあうようにしております。


5、ご依頼前に料金を明瞭にご説明し、納得いただいた方のみお受けしております。契約を急がせたり、相談後のしつこい営業電話はしておりません。

お見積書

身元保証の契約の前に明瞭なお見積書を無料で作成します。ご依頼のご検討はその後ごゆっくりで大丈夫です。相談したから必ず依頼しないといけないということは全くありません。

当社ももちろん、お仕事をできるだけさせていただきたいのですが、お客様に料金のご納得をいただかない限り、お仕事をお受けすることができません。

お仕事をお受けしてからの継続してかかるご費用・追加費用については、しっかりとこのような場合はこれだけかかりますとわかりやすい書面でご説明をしております。また、無料相談後にその場で契約を急かすようなことはしていませんし、ご相談後にしつこく電話営業したりもしておりません。


6、お客様のためにご来社しやすい場所に会社・事務所を設けております。ご相談の時間も夜8時まで、土曜日も受付しております。時間外や日曜日などの急なご相談、休日相談にもできるだけ対応しております。

面談室風景  

当社の立地は札幌市中央区の地下鉄東西線の西11丁目駅から徒歩1分で、ビルの前には駐車場も複数ございます。当社は札幌中公証役場や弁護士、司法書士事務所が入ったビルの中にあり、あらゆる法律問題(弁護士)、登記相談(司法書士)、公証人への相談(公証役場)にも大変便利です。少しでもお客様がご利用しやすい環境を整えております。

アクセスマップ 相続事務所外観  

営業時間 平日・土曜日 9:00~20:00まで

日曜・祝日はお休みですが、ご希望の方にはできるだけ休日対応しております。
(日曜日や祝日しかお時間が取れない方)

また、20:00~9:00までの時間外対応もしています。(お急ぎの方など)


7、終活に関するセミナーや札幌市内の郵便局、市民会館などでの無料相談会など、身元保証や法律支援(身元保証関係の公正証書作成)に関する様々な活動に取り組んでおります。雑誌掲載、記事執筆、有名人の方からのご依頼もある事務所です。

セミナー・相談会・研修講師実績

家族信託セミナー  

北海道行政書士会札幌支部主催の家族信託セミナーに、代表の千田が実務家パネラーとして参加いたしました。札幌圏内での家族信託の実務家として同業者向けに情報発信を行いました。家族信託は生前と死後の財産管理、死後の財産承継についての仕組み構築に大変便利です。


家族信託研修 家族信託研修  

北海道行政書士会新入会員さま向けの家族信託の基本概要研修の講師をさせていただきました。当社代表は札幌市内の家族信託の分野においてトップクラスの実績がございます。身元保証の問題を家族信託と結び付けて対応するスキルもございます。


相続セミナー  

札幌市包括支援センター様主催の終活セミナーに、代表の千田が参加いたしました。札幌市の包括支援センター様とも定期的にこのようなセミナーを開催して、財産管理や終活に関する有益な情報の提供に努めております。


 

相続診断協会様主催の札幌駅チカホ相談会に、代表の千田が行政書士部門の相談員として参加いたしました。ご相談会の開催につき、共催したい、自社のイベントに相談員として参加してほしいなどのご依頼があればいつでもご連絡下さい。


 

札幌某福祉施設で代表の千田が相続遺言・死後事務をテーマにしたセミナーを開催しました。セミナー講師のご依頼も随時承っております。ご依頼があればいつでもご連絡下さい。

書籍執筆・雑誌や記事の掲載実績

 

当社代表の行政書士千田大輔が、「必ずできる 相続・遺言・家族信託の手続ガイド」の商業出版をしました。多くの実務経験をもとに書籍に必要な情報を掲載しております。


遺言文例本  

当社代表の千田が、一般社団法人相続診断協会様のご協力により、遺言書30文例の一部を執筆させていただきました。


相続マスコミ取材  

札幌のビジネス誌 ビジネスオンイクサスに代表の千田のインタビュー記事が紹介されました。


相続記事  

そうぞくの窓口 テーマ「遺言書がある場合の相続手続きと遺言書作成のススメ」
相続診断協会様のそうぞく窓口に代表・千田の遺言相続手続きに関する記事が掲載されました。


週刊ポスト記事 週刊ポスト記事  

雑誌 週刊ポストへ代表・千田による叔父・叔母相続についての記事が掲載されました。
掲載記事をこちらからもご覧いただけます。

有名人からのご依頼

清水様  

清水宏保様(長野オリンピックスピードスケート金メダリスト)

清水宏保さんよりご依頼をいただきました。清水さんは札幌市内で会社経営をされており、大変活躍されています。ご依頼ありがとうございました。(業務内容は守秘義務があるので公開できません。)


津田様  

北海道日本ハムファイターズ代表取締役社長 津田様(2015年当時)

ドラフト会議で有原投手を見事に引き当てた方です。神の右手で握手してもらいました。ご依頼ありがとうございました。(業務内容は守秘義務があるので公開できません。)

ご相談はこちらまで

ご相談はメールまたはお電話していただくか、無料相談予約フォームからご連絡ください。

予約カレンダー メール相談 電話相談 LINE相談

身元保証人がいなく、将来の生活や死後の整理・相続のことなどでお困りの方へ

病院や施設に入る際に、身元保証人に書類へのサインを求められて困っている、将来自分が施設に入る際の身元保証人の候補者がいない、身寄りがなく、自分の死後における事務手続きや相続のことで不安。このようなことでお悩みはありませんか?

当社は札幌市内において身元保証のお引受けや公正証書作成等の法律支援サービスを専門に扱う会社です。身元保証の問題は、大抵の場合、頼れる親族がいないということに起因しており、そのような場合は、身元保証人を第三者に任せるという選択肢をとらざるを得ません。

とはいっても、第三者にご自身の身元保証を頼むとか、財産の管理を任せること、葬儀・埋葬・居宅の片づけ等を任せるということは、なかなかできることではありません。そこでお願いする第三者はどのような会社がよいかという選択に迫られます。お客様にとっては、任せる相手が非常に重要なのです。

当社は、身元保証人(病院や施設の入る際の連帯保証人)をお引受けする前に、お客様のライフプランを一緒に考え、最適な生活設計を行い、当社の審査に通った方限定となりますが、全面的に身元保証人としての支援を行っております。お客様の財産管理(将来の葬儀費用・埋葬費用・遺品整理費用等)も専用の信託口座を利用して、管理する財産の不正引き出しが生じないよう第三者の監督機関を関与させたかたちで身元保証業務の引受をしています。

また、身元保証というリスクのある仕事を引き受けるからには、しっかりとした生前契約が必要であり、それは身元保証契約だけにとどまりません。

身元保証契約後の事務委任契約(身の回りの事務依頼)、財産管理契約(死後の葬儀費用管理など)、任意後見契約(お客様が認知症などの精神障がいが生じた際の代理人による財産管理)、医療・福祉のいざというときの意思表示宣言(リビングウィル)、お客様が死亡した後の死後事務委任契約(死後の事務処理をだれにどんな内容で依頼するか)、遺言作成(死後の財産の承継先選定)という6つの公正証書で身元保証人の責任と権限を明確にしておく必要があるといえます。ここがしっかりとしていないと、身元保証人としてのサポートは不完全なものとなります。

公正証書  

当社はこれからの生活や死後のことでお悩みのお客様に寄り添って、身元保証人としてのサポート、日常の生活支援、財産管理支援、葬送支援、相続支援を全面的に行います。身元保証や法律支援のことなら是非とも当社までご相談ください。適切なご提案をさせていただきます。

札幌 身元保証電話相談